MENU

代表コラム | エグゼクティブに特化した結婚相談所 CELENTE(セレンテ)東京港区 青山・六本木

03-3568-4608 info@celente.jp 営業時間 : 10:00〜21:00 / 定休日 : 水曜

セレンテ代表コラム

コロナ禍で変わる社会 〜 日本人の行動パターン

2020年5月31日

緊急事態宣言が解除されてちょうど1週間、海外メディアでは「日本のコロナウィルス対策はことごとく見当違いのようだったが、奇妙にもうまく行っている。」と伝えてられているようです。他国のような都市封鎖はなく外出要請だけで感染者拡大は抑えられました。日本の謎ですね。まさにジャパンミラクルです。生活習慣やBCGワクチンの効果なのでしょうか。やはり日本人の衛生に対する高い意識がこの結果を生んだことは間違いないと思います。

これからは新しい生活様式でとのこと。人口密度の高い日本でどこまでソーシャルディスタンスが保たれるのでしょう。もともと握手やハグの習慣のない日本ですが、住宅事情を考えると2mの距離は難しいですね。また在宅勤務が普及してビデオ会議が定着してきましたが、コロナ禍での数ヶ月の我慢であれば何とか凌げましたが、家族がいる中でのビデオ会議、在宅勤務などなど定着にはまだまだ課題は山積です。

従来の対面をFace to Face(F2F)と言うらしいです。名刺交換もオンラインでという時代、日本で本当に何もかもがオンラインに変わっていくのでしょうか。私共セレンテでの新規ご入会ご希望の方とのカウンセリングは従来は対面で充分な時間をかけておこなっておりました。このコロナ禍で弊社もZoomでのオンラインカウンセリングを導入いたしましたが、もちろんお相手のお顔を見ながらのカウンセリングですので、お電話などよりも親近感を持つことはできますが、ビジネスミーティングと違って、非常にパーソナルな内容の話となるため、画面上でのやりとりには限界を感じてしまうのは私だけではないように思います。

6月からF2F(対面)予約を再開いたしました。サロンでは充分な感染対策を講じ、検温、消毒、飛沫予防のアクリル板、そして書類などを非接触にするために大きめのディスプレイでのご説明など考え得るあらゆる予防対策を講じてF2Fを再開し、オンライン面談かサロンでの対面かを選んでいただきますが、ほぼ全員の方が対面(F2F)を希望されました。ほとんどが大手企業に勤務されている20代、30代の若い方々です。

このコロナ禍をきっかけに日本で立ち遅れてきたデジタルトランスフォーメーションが本当に一気に加速するのでしょうか。結婚相談所という非常に日本的かつアナログ対応を良しとしてきた業界にも「新しい生活」様式が定着していくのか、今後の世の中の動きから目を離せません。

セレンテ代表
辻之内節子

代表から新年のご挨拶 ~輝かしい一年でありますように・・・

2020年1月1日

新年、明けましておめでとうございます。
旧年中はひとかたならぬお世話になりまして、誠にありがとうございました。

輝かしい年明けとなりました。2020年が皆さま方にとりまして、記念すべき幸せに満ちた一年でありますよう、心からお祈り申し上げます。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

2020年元旦
TJインターナショナル株式会社
CELENTE(セレンテ)
代表取締役 辻之内節子

平成最後の夏 〜 人のために生きるということ

2018年8月31日

こんにちは。
辻之内です。

残暑お見舞い申し上げます。
異常気象が続いた今年の夏でしたが、皆様お元気でいらっしゃいますか?
8月も末日ですね。元号『平成』の最後の夏となりました。


8月13日から16日は旧盆ですが、終戦記念日がお盆の最中であるのも歴史的な偶然です。広島・長崎への原爆投下、そしてもう33年も前になりますが日航ジャンポ機の墜落事故(12日)、犠牲になった方々への慰霊行事がこの時期になると各地で行われます。自然と手を合わせたくなります。何年経ってもご家族の方の悲しみは癒えるものではありません。

そしてまた今年の8月にはたくさんの感動もありました。まだ記憶にも新しいかと思いますが、大分県で2歳の男の子が行方不明になり、必死の捜索の3日後に78歳のボランティアの方が30分で見つけ出しました。その方は何十年営まれたご自身の仕事を引退後、これまでお世話になった方々へのご恩返しとボランティアをはじめられました。


ご年齢を聞いて驚きましたが、強靭な体力とそして何よりもオーラさえ感じる生命力と使命感。単なる趣味では語れないほど、確固たる意志をもってボランティアに専念していらっしゃいます。ひと様のために生きるということは、ひいては自分のために生きることでもありますが、あの方の2歳児を見つけた時の満ち足りた表情が忘れられません。とても美しいと思いました。

人さまのために生きる・・自己犠牲ではなく、共に喜びを分かち合う為に何かをしたいという気持ちは持って生まれた人間の本能だと思います。

セレンテを運営し、もう100組をも超える方々のご成婚を見守ってきました。皆様に幸せをいただき、また皆様から生命力をも授かっています。そのエネルギーが、皆様のお幸せを引き寄せる力になっているのだと感じています。

季節は巡ります。平成最後の夏が終わろうとしています。個人的にも平成の夏はいろいろな想い出が詰まっています。忘れ得ぬ平成30年の夏となりました。

皆様にとりましても、今年の夏が今後の人生に大きな影響を及ぼすような、そんなひと夏でありました事を心から祈っています。

2018年8月31日
辻之内節子

遠い日の想い出 〜今が一番幸せと思えること

2018年7月30日

皆様こんにちは。
辻之内です。

最高気温を更新する酷暑が続いています。皆様お変わりございませんか?

温暖化の影響でしょう、今年に入ってからは自然災害が相次いでいます。世界規模での大災害が目立ちます。各地で被害に遭われた方々には心からお見舞いを申し上げます。一日も早く日常が戻りますように・・

季節が巡るごとに時の速さを感じます。
時々ふと考えることありませんか?
あの時ああしていたら、今頃どうなっていたのか?
この道を選ばなかったらどういう人生だったのだろう・・って。そういう思いに駆られる方も少なくはないと思います。

もう随分前になりますが、ある方の言葉がとても心に残っています。
〜忘れ去りたい過去の記憶も、今が幸せであればそれは懐かしい「想い出」に、今が幸せでなければ、それは「後悔」になる〜
非常に蘊蓄のある言葉ですね。いつも今が幸せだと思えれば人生のすべてが意味のあるものになります。

与えられた人生の時間の中で、今を大切に生きていれば日々の生活のふとしたことに幸せを感じられるものです。いつの世もいつの日も、今が人生の中で一番幸せ・・と思える方は、ご自身で幸せを運んできているのです。

(夏を代表する芙蓉の花。一日で枯れてしまうという儚さから、美しい女性のたとえにも用いられる。)

いま地球上では貧困、紛争、環境破壊、格差、感染症など多くの問題を抱えています。日本に住む私は、何気ない平穏な日々をこの上ない幸せと感じます。いつの日か、世界中の人々すべてがそう思えるような日が来ますことを願ってやみません。

2018年7月30日
辻之内節子

“恋の季節” 〜アガパンサスの花咲く時♪

2018年7月4日

皆さま、こんにちは。
辻之内です。

梅雨が明けて毎日暑い日が続いていますが、お変わりございませんか?
通りをあるいていて、この花に出会うと、涼やかな気持ちになります。

最近街中で見かける薄紫色の美しい花

アガパンサス


このアガパンサス、

花言葉は『恋の季節』や『恋の訪れ』だそうです。


“恋”といえば・・・

先日、高円宮妃久子さまの三女、絢子さまが大手海運会社にお勤めの守谷慧さまとのご婚約が内定したとのニュースがありました。明るい話題でしたね。

お出会いから半年あまりでご婚約されたお二人、お出会いのきっかけは、絢子さまのお母様久子さまからのご紹介ということでした。はじめて会ったその時には、初対面とは思えないほどお話が盛り上がり、時間を忘れて楽しまれたとのこと。

私共でご紹介するお見合いのお相手と、順調にご婚約の運びとなる時もまさにそうです。出会ったその瞬間から、旧知の友のように親近感と安心感を覚えるようです。それが目に見えないご縁というものなのでしょう。

絢子さまは、高円宮憲仁親王であったお父様を、また守谷さまはご自身が理事を勤めていらっしゃる途上国の子供たちを支援するNPO法人の専務理事であったお母さまを、それぞれかけがえのない家族を失ったご経験をお待ちでした。

「今日あることが明日にも必ずあるわけではない。日常に慣れすぎず、日々の何気ない出来事にも喜びや楽しさを二人できちっと感じていきたい。」素敵なお言葉ですね。
毎日があっという間に過ぎてしまい、ついつい忘れがちですが、日々の出来事の中にある喜びや楽しさを大切に感じていきたいものです。

アガパンサスの花咲く“恋の季節”
おひとりでも多くの皆さまの恋が実りますように・・・・

2018年7月4日
辻之内節子

1 2 3 8