MENU

丸の内の恋人たち・・・ | エグゼクティブに特化した結婚相談所 CELENTE(セレンテ)東京港区 青山・六本木

03-3568-4608 info@celente.jp 営業時間 : 10:00〜21:00 / 定休日 : 水曜
セレンテ代表コラム

丸の内の恋人たち・・・

2011年11月23日

皆さまこんにちは。
CELENTEの辻之内です。
少し間が空いてしまいましたが、お変わりございませんでしょうか?

街はもうすっかりクリスマスバージョンですね。至るところに素敵なイルミネーションが一杯です。久し振りに、丸の内のイルミネーションを見ました。今日は朝から好天に恵まれ、暖かな日差しの中、丸の内仲町通りを有楽町から大手町方面に向かってぶらりぶらりと歩きました。本当にNYかパリにいるかのようなお洒落な街かどになりましたね。最近の丸の内のイメージは『気品』『荘厳』というキーワードとの事。本当にその言葉がぴったりと感じました。むしろNYよりもどこよりも美しい並木道です。
街が再開発後に計画的に作られたということもあるのでしょう、どのお店も完成度が高く、また並木の下に何気なく置かれたベンチも、思わず写真を撮りたくなるような所ばかりです。

私の目的は、今回も展覧会がメインでした。丸の内ブリックスクエアにある三菱一号館美術館コレクションとして、ロートレック展が行われていました。
ロートレック・・私が『色彩』『モチーフ』に興味を持ち始めたのは、ロートレックとの出会いであったと言っても過言ではないほどに、あの洗練された色遣い、物を捉えるアングルに憧れていました。また、日本の浮世絵などを愛し影響を受けているからなのでしょうか、我々日本人にはどこか共通する感性のようなものがあるように感じています。

ロートレックの作品を一点一点、その頃の同氏を取り巻く環境などを照らし合わせながら充分時間をかけて観賞した後、外に出て、思わず歓声をあげました。街中がシャンパンゴールドに輝いていて、本当にここはシャンゼリゼ・・と思うようなあまりにも絵になる光景でした。丸の内でのこの時期のロートレックも憎い演出ですね。

最近のイルミネーションは世界的にLEDに変わっていく中、私は昔ながらの白熱球の暖かい灯りファンでもありましたが、地球環境を考えるとLEDになっていくのはやむを得ないのかとやや否定的に受け止めていましたが、どうしてどうして、丸の内で使用されている色は、まさにシャンパンゴールドの、その『気品』を失わない美しさにため息がでました。やはりクリスマスはシャンパンゴールドです。まさに王道をゆく輝きでした。

お洒落な街かどによく似合うお洒落な恋人達がたくさんいらっしゃいました。ガラス張りのレストランで、素敵なカップルがワインを傾けながら楽しそうに語らっていらっしゃる、お料理に舌鼓を打ちながら、お二人の世界を作っていらっしゃる・・・。

やはり、一人より二人が絵になりますね。寄り添える人とのロマンチックなクリスマス・・・、さあ、皆さまには今年はどんなクリスマスが待っているのでしょうか・・・・

2011.11.23
辻之内節子